今年の冬は気まぐれ天気
 結局トータルしてみれば降雪量は少なめだったけれど
1月末の豪雪には命拾いをした人も多かったと思いますよ。

 拙寺の境内の除雪作業は住職が一手に引き受けてきましたが
参道の除雪の依存率は、除雪機が7割、消雪井戸が3割といったところでしょうか。
 両方併せて辛うじて参道を確保しています。

 朝晩1時間半ずつの除雪機の操作も案外重労働
そこで今までの水量不足だった16Oメートルほどの浅井戸を、
 水中ポンプの深井戸に掘り直そう、ということで
井戸掘り作業がはじまりました。

まずは櫓の設置から 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA